イワパレスのハサミギロチン

こんなパーティでここまでいったよ〜程度

シーズン8ラティハッサム構築レート2000達成

皆さんこんにちは!

今回はシーズン8にてレート2000台に到達することができたパーティを軽く(超重要)紹介します。
努力値調整を覚えていないポケモンもいるのであらかじめご了承ください
最高レート2020    最終レート1906
  1. パーティ紹介
  2. 運用
  3. 苦手な相手
  4. 感想
f:id:Bechio:20150318120528j:plain
パーティ紹介
特性虫の知らせ→テクニシャン
技構成:バレットパンチ/蜻蛉返り/剣の舞/はねやすめ
性格:意地っ張り
努力値H236 A52 B52 D92 S76
メガ進化前実数値
175-172-127-*112-95
メガ進化後実数値
175-194-167-*-132-105
物理面にものすごく硬いです笑
生半可な物理ポケモンは起点の対象ですがハッサムに有効打があるポケモンを出してくるので基本蜻蛉返りして後続に任せます。
終盤のお掃除としてバレットパンチや剣の舞とはねやすめを使って耐久して攻めたりなどかなり使い勝手がよかったです。
ただメガボーマンダの特化スキン込みの捨て身タックルが確定2というのが辛かったです。
炎技ダメ絶対!!!!

特性:浮遊
技構成:流星群/サイコショック/波乗り/トリック
努力値 不明(すいません個体値妥協したのもあり覚えていませんm(_ _)m)
性格:控えめ
実数値179-*-102-199-128-136
ラティオスの性格、実数値を見て?となった人が多いと思います。
そうですこのラティオスはS110族でもありながら素早さを殺してます笑
なぜこのような調整にしたかというと普通の臆病CSぶっぱだとラティオスの攻撃を耐え反撃されて負けるというのがよくあったからです
そしてある育成論を見て参考に速くても耐えて反撃されるくらいなら素早さを抑えめにしその分火力にまわしたほうがいいということになりました
相手の多くは最速ラティだと思って動いてくれるのでなかなか意表をつけれたと思います
 
特性:テクニシャン
技構成キノコのほうし/マッハパンチ/タネマシンガン/岩石封じ
努力値 ASぶっぱ D4
性格:意地っ張り
実数値135-200-100-*-80-122
テンプレの襷ガッサですね
相手の宿り木やキノコのほうし対策と思って入れましたがあまり意味はありませんでした笑
しかしキノコのほうしは相手のエースアタッカーを機能停止にしたりと活躍の場面はたくさんありました
 
特性:プレッシャー
技構成:ねっとう/瞑想/眠る/寝言
性格:図太い
努力値H252 B220 S36
実数値206-*-179-110-135-110
Hだけは妥協して個体値はUです。あとはBCDSはVとなっております
ガルーラガブリアスなど物理面に後出ししてゴツメダメを稼いでもらいました
特にメガガルーラにはスイクンに入れ替えガルーラ猫騙しゴツメダメ×2捨て身タックルゴツメダメ×2+反動とかなり負担をかけれました。
たまにくるグロウパンチがきても対面ならば相打ち以上に持ち込めれます!
起点にできる相手に瞑想で積んでいって物理面でも特殊面でも強くなるスイクンが出来上がります
ねむカゴ型にしなかったのはヒードラン等の毒毒に強くなるため、こだわってるポケモンのPPを枯らしたりと長く居座るためにねむねご型にしました。
寝言で眠る以外の技をもっと引いてくれたらこのパーティーのMVPだったと思います笑
 
  • ポリゴン2 持ち物:進化の輝石
特性:トレース
技構成:イカサマ/冷凍ビーム/電磁波/自己再生
性格:図太い
努力値H244 B252 S12
実数値191-*-156-125-115-82
数を減らした物理耐久ポリゴン2ですね
メガボーマンダゲッコウガメガガルーラ等のクッション役として採用しました
速いポケモンには電磁波を撒き痺れるまで自己再生連打したり積んでくる相手にはイカサマで返り討ちにしたりと何かしら仕事をしてくれるポケモンでした
トレースの特性も無駄な時もあったものの威嚇や力持ち、変幻自在に親子愛などの特性をコピーできるのは何かとアドバンテージをとれるので便利でした
 
特性:鮫肌
性格:意地っ張り
努力値ASぶっぱ D4
実数値183-200-115-*-106-154
このパーティーのMVP!!
メガハッサムの蜻蛉返りから出したりしてスカーフの素早さでガブリアスよりも速いポケモンに奇襲かける。
特に1舞ウルガモスボルトロスメガゲンガー、舞ってないメガボーマンダにはかなり刺さりました
さらにさらに!!このガブリアスストーンエッジをほとんど外さないというのが魅力的でした!!
対戦では大体30回以上はストーンエッジを使いましたが外したのはたった2回という驚異的な命中率でした。
ちなみにストーンエッジを採用する前は岩雪崩にしていましたがエッジを使った時よりも命中率低いというのは何故なのでしょう??
 
運用
 
基本はハッサムラティオスを先発にし
有利対面だとハッサムは蜻蛉返りラティオスは相手の後続も考えて技をうってました
ハッサムの交代先は大体ガブリアスラティオスたまにキノガッサにも替えていました
先発でハッサムが苦手な相手がきたらポリゴン2やスイクンにバック隙を見てハッサムに入れ替えメガ進化し蜻蛉返りで逃げていました
あと先発でラティオスニンフィアの対面が多かったのですが自分はラティオスを捨てるつもりでサイコショックをうっていました
何故かというとニンフィアハッサム交代読みでめざパ炎やハッサムに強いポケモンに入れ替えたりしてハッサムが倒されたり積みの起点されてしまうとただでさえ遅いラティオスが何もせず終わるという最悪な展開を何度か見てきたので自分は必ず居座ってきました
それが意外とはまり相手はめざパをしたり交代したりとバトルを有利に進めることができました(普通にハイボしてくる時もあったがこれは仕方ない)
あとそのラティオスを相手よりも速く動かせれるようにするためにポリゴン2の電磁波はかなり役に立ちました
 
  • 苦手な相手
ナットレイ:このパーティは炎技を切ってるのでハッサムの剣舞からの蜻蛉返りでしかまともに突破できませんでした
エルフーン:コットンガード、アンコール、宿り木など1度嵌れば詰みます
•メガへラクロス:ラティオスを普通の臆病CSぶっぱにしとけばよかった思わせたポケモン 
ピクシー:ラティオスでトリックしない限り暴走します。
•バトンパ:ラティオスでトリックしようにも身代わり持ちが多くて無理ですおとなしく頑張って繋いでるところを見守ってボコボコにされましょう
•レパルガッサメタモン:催眠対策としてキノガッサスイクンを出しましたが相手のキノガッサで崩壊します大人しく降参したほうが楽にすみます
•受けループ:シーズン8で最も恐れていたパーティ。グライオンに対して何も出来ない上にギロチンされますTODされます
ラッキーに小さくなる積まれますTODされます。シーズン9では必ず復讐します笑
 
  • 感想
苦手な相手を見ると色々と欠陥な部分もあり2000台にのれたのは運が良かったとも思ってます。それに前の記事にも述べましたがシーズン8のレート2000超えの人は1000人程いるのでこの記事を書こうかどうか悩みましたがレートインフレがどうあれ自分が初めてレート2000台に到達出来たというわけで記念にまとめてみました。
今回初めて書いたので不備な部分もたくさんあると思いますがもっと見やすいように、詳しく書けるようにこれから改善していこうと思います
 
以上シーズン8の結果報告でした
f:id:Bechio:20150324233729j:plain
最後まで見てくださった方ありがとうございました。
シーズン9も頑張っていきましょう!!
TwitterID→@MIZUBITASI_1221